お米飯(およねはん)について

水溶性食物繊維が豊富な万能旨味調味料「お米飯(およねはん)」

万能旨味調味料「お米飯(およねはん)」

 

お米飯(およねはん)が世に知られ始めた頃は日本の主食であるお米が不足した時代でした。 もう皆さんの記憶から遠のいてしまったかもしれませんが、不足したお米を補うため外国産のお米を大量に輸入して頂いたのですが、やはり日本独特のお米に慣れた私たちの口にすんなりいくものではありませんでした。

そのころ、多方面でいろいろな研究をされておりましたがコトブキ化合では既に既存の研究成果を応用してお米をおいしく炊く為に、水溶性植物繊維、海藻エキスのアルギン酸が豊富な"お米飯(およねはん)"がありました。私たちの周りにはたくさんの食材があります。 飽食の世とはいえ、やはり素材本来の味を大切に且つ体にもやさしい食品を人間の工夫により増やすことができるということは地球にも優しい事なのではと思うのです。お米飯(およねはん)は自然と人にやさしい商品になることを強く願って作られた万能旨味調味料です。

ご飯を炊くときに!つやと味が画期的変化!

お弁当はご飯が冷めた状態で食べることが多いと思います。 とくに古いお米の冷めた状態は大人でも食べにくい時ってありますね・・・ お米飯を加えると 海藻類に含まれる天然成分アルギン酸が働き、お米の酸化・腐敗しにくい効果が得られます。 したがって、お米本来のうまみや香りを長期的に維持することができます。 冷めたお米独特の粘りや匂いを防ぐことができるのです! お子様のお弁当やお父さんに持たせてあげるおにぎりに差が出ますよ!!

硬水が軟水に早変わり!塩素も除去!

お米飯を加えると・・・アルギン酸のもつ、硬水を軟水に変化させる性質が有効に働き素材のもつ本来のうまみと独特のまろやかさが生まれます。 更に、アルギン酸は塩素や匂いを除去する効果があります。 美味しい水割りもコーヒーもお茶もやっぱり美味しいお水が必須ですね。 又、お酒に直接数量いれてもまろやかで口当たりのいいお酒になるまさに魔法の調味料! お米飯は水溶性植物繊維・アルギン酸が主成分なので体にもやさしい調味料なのです。

麺類や煮物、汁物に!

調理時に使用すると、"まろやかな味"になり、麺類はお湯に入れて茹でてください。旨みが出て、のびにくくなります。更には塩素や臭いを除去(アルギン酸が吸着し、体外へ排出可能な物質に)し、口当たりの良いミネラルウォーターができるので、汁物や煮付も素材本来の旨さをそのまま引き出してくれます。 また、卵をゆでるときに水に塩適量と "お米飯" を入れてゆでると、弾力と、粘りのある美味しいゆで卵ができます。(1晩漬け込み茹でるとなお良くなります!

お米飯(およねはん)のいろいろな使い方

≪お米飯の使用方法≫

お客様の声

≪お客様の声紹介≫