お米飯(およねはん)のご使用方法

お米飯のさまざまな使用方法

≪お米飯の使用方法と使用量≫

対象 特徴・使用方法 使用量
ご飯 洗米して水加減後に "およねはん" を添加撹拌し炊飯してください。つやつや、ふっくらと美味しくたけます。 お米1合に約5ml、3合の場合は本品のキャップ(8ml)2杯
水道水 塩素や臭いを除去(アルギン酸が吸着し、体外へ排出可能な物質に)し、口当たりの良いミネラルウォーターができます。 1リットルに対しキャップ1杯
お茶・ コーヒー 上記2の水を沸かしてお茶等を入れてください。 1リットルに対しキャップ1杯
煮物・ 炒め物 調理時に使用すると、"まろやかな味"になります。 適量
汁物・ 吸い物 調理時に使用しても良し、食べる時に入れて食べて良し、"まろやかな味"が楽しめます。 1リットルに対しキャップ1杯(調理時)
めん類 お湯に入れて茹でてください。旨みが出て、のびにくくなります。 1リットルに対しキャップ2杯
浅漬け・ 一夜漬け 漬け込む時に使用してください。 塩辛味をおさえた、まろやかな漬物が早めに食べられます 適量
ウィスキー ・焼酎等 お酒類に入れると"まろやか"で飲みやすくなります。またアセドアルデヒドも軽減します。 適量をグラスに加える
ゆで卵 水に塩適量と "およねはん" を入れてゆでると、弾力と、粘りのある美味しいゆで卵ができます。(1晩漬け込み茹でるとなお良くなります 1リットルに対しキャップ2杯
古いお米・ 豆等 およねはんを入れた水に浸し(1時間以上)その水を捨て、新しい水に"およねはん"を入れて煮て炊いてください。 古いものとは思えない粘りと味を楽しめます。 1合に対しキャップ1杯
醤油 刺身等に使用する醤油に入れるとまろやかな味になります。 適量
納豆 納豆のにおいをおさえ、粘りの切れが良くなります。 適量
だいこんおろし おろしたら直ぐお米飯を入れてまぜてください。時間がたっても美味しく食べられます。(忙しい朝の為に前の晩からおろしておくこともできます) 適量
牛乳を飲めない方 臭いをおさえ、甘味が感じられ飲みやすくなります。(脂肪をおさえ込むので添加後すぐにお飲みください) 適量
即席ラーメン 食べる時に入れます。"まろやかな味"が楽しめます 適量
生花 水に使用します。花持ちが良くなります。 1 リットルに対しキャップ1杯